喉に感染する淋病の症状について
ホーム > 性の健康
喉に感染する淋病の症状について
淋病は性器だけではなく、時に喉に感染をするケースもあります。

喉に感染してしまう原因は、オーラルセックスです。性器に淋病菌が付いている場合は、オーラルセックスの行為によって、相手の喉に淋病を感染させてしまうのです。

淋病が喉に感染すると、主な症状として、喉が腫れ上がり、呑み込みが困難になることです。また、痛みを感じたり、咳が出たりするなど、風邪の症状とよく似ていますので、風邪と勘違いして見過ごしすることが多いのです。そのため、内科に駆けつけたり、市販の風邪薬を飲んだりして治そうとする人が結構います。しかし、いくら風邪薬を飲んでも効かないわけですから、初めて他の病気ではないかと気づきます。すると、早期治療の好機を逃してしまいます。

淋病は性器だけの感染ではなく、性器以外の部位にも淋病菌が棲みついて、様々な症状を引き起こす可能性があります。性行為に及んだ時、充分に注意する必要があります。

淋病の感染した場合は、速やかに婦人科や泌尿器科で受診してください。
関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 ダイエット 口臭 禁煙 サプリメント
Copyright © 2017 日本医薬品情報 All Rights Reserved.