男性は梅毒に感染した場合の症状
ホーム > 性の健康
男性は梅毒に感染した場合の症状
男性は梅毒に感染した場合、どのような症状が現れるのでしょうか。

通常、梅毒には3週間ほどの潜伏期間があります。その後、梅毒の症状が出てきます。

最初はペニスの亀頭部分や包皮、陰茎体などに、大きさは小豆からえんどう豆くらいの赤いしこりが出来ます。稀に、口唇部、口腔内、乳頭部、手の指などに現れることもあります。しかし、痒みや痛みなどの不快感が一切ないので、見逃してしまうことが多いです。

4週間〜6週間ほど経過すると、赤いしこりが自然に治ってきます。この段階で治療せずに放って置くと、梅毒の症状は次のステージに進み、早期治療のチャンスを逸してしまいます。梅毒が一旦次のステージに入ってしまうと、かなり完治しにくくなります。ですから、自分の身体の変化によく注意を払い、普段と違う異変に気付いた場合は、すぐに医療機関で診察してもらいましょう。

赤いしこりがなくなってしばらく経つと、第二ステージの症状がはっきりと現れてきます。梅毒に感染後2ヶ月〜3ヶ月ほどすると、全身に皮膚病のような発疹が出たり、後頭部の髪の毛が抜けたりする症状が出ます。全身の発疹は最初の赤いしこりと同じ、痒みや痛みを伴うものではありません。やがて、2週間〜3週間後に自然と退いていきます。

この症状は皮膚病と間違いやすいから、やはり治療せずに放置する人がいます。すると、梅毒の症状が第三ステージへと進行し、関節炎や全身の倦怠感などの症状が現れてきます。
関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 ダイエット 口臭 禁煙 サプリメント
Copyright © 2017 日本医薬品情報 All Rights Reserved.