まゆげ植毛の種類と費用について
ホーム > 育毛
まゆげ植毛の種類と費用について
「まゆげ植毛」とは、手術によってまゆげへ毛を植え付ける医療行為です。手術によって毛を生体に移植する医療行為である以上、医師免許を持つ者以外の者が実施することが厳禁されています。これは民間機関でも行える「育毛」や「発毛」と全然違う概念になっていますので、ご注意ください。

植毛は、複雑な原因により失われた毛を人工的に植え付けることで増やす手段の一つです。大きく二通りに分けられています。

1.人工毛植毛:

これは、ナイロンや塩化ビニルなどの原料で作られた毛髪を生体に植え付けることです。

人工毛植毛は、皮膚の拒絶反応や異物反応により、炎症や発疹を引き起こす恐れがあります。また、現在の技術では、人工毛の寿命は長くても2年程度です。折角植毛しても、1〜2年ほど経過すると必ず抜け落ちてしまいます。現状を保つために、繰り返して手術をする必要がありますので、費用がどんどん膨らんでしまいます。

2.自毛植毛:生毛植毛とも言います。自分の後頭部や側頭部などから毛を採取し、身体の別の部分に移植することです。

自毛植毛は、自分の身体に比較的毛の多い部分から毛根ごと毛を採取し、専用の植毛針を使って、毛の薄い部分に移植します。通常は一回で数百本程度の毛を植えることができます。自分の毛を使っていますので、拒絶反応や異物反応の心配がありません。移植した毛の90%以上は生着に成功し、その後も伸び続けます。

まゆげの植毛は、上記の理由から、殆ど「自毛植毛」で行うことになっています。

次は、まゆげ植毛の手術費用について簡単に説明します。

まゆげ植毛の手術費用では、「基本手術費」、「自毛植毛費」、「消費税」という3つの項目の合計金額で計算されています。そのうち、「自毛植毛費」は植毛する本数によって変動します。通常は約数十万円程度が掛かります。状況により金額が大幅に変更することがありますので、事前に自分の症例を踏まえて個別に確認する必要があります。

まゆげ植毛は病気の治療ではなく、美容目的で行われるものと見なされていますので、健康保険は一切使えません。全額自己負担の自由診療となりますので、この点をお含み下さい。
関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 ダイエット 口臭 禁煙 サプリメント
Copyright © 2017 日本医薬品情報 All Rights Reserved.