バイアグラ薬局で買えるの?
ホーム > EDの診療
バイアグラ薬局で買えるの?
バイアグラ薬局で買えるのでしょうかについてご説明いたします。

バイアグラの名前は皆知っていますね。ED(勃起不全)の治療にバイアグラを使用して、セックスが可能になった人は多いです。製剤名はクエン酸シルデナフィルで、男性の性生活の助っ人として登場しました。

バイアグラは基本的に安全な薬と言えますが、やはり注意しなければいけないところがあります。

このバイアグラが有名になったのは1998年前後です。バイアグラを飲めばいい気持ちになれると思っている男性をはじめ、多くの人がバイアグラを欲しがり始めました。しかし、その時の日本では、バイアグラは未承認だったので国内のどこに行っても手に入ることはできませんでした。ただし、米国などでは市販されていたので個人輸入することはできました。インターネットで個人輸入したり、またはサプリメント販売のホームページから購入したりした人も多くいました。

バイアグラが危険というよりも、セックスが運動ですから、あまり激しくて体に負担をかけ過ぎてはいけないということです。ですから、医師に健康チェックをしてもらうと、血圧が高いとか心臓に障害があるからセックス行為は危険だと言われることがあります。バイアグラは血管を拡張させる薬なので、ニトログリセリンなどのように血管を拡張させる薬と併用すると、相乗効果により過度に血管が拡張し血圧が急激に低下します。場合によっては死ぬことさえあります。

米国で発売された翌年に日本でも輸入が認可され、医療用医薬品として発売されるようになりました。バイアグラに限らず、個人が海外から薬を輸入することを認められています。このバイアグラのアプリケーションから約半年で承認されるというのは異例の速さでした。これには、バイアグラの乱用による事故を未然に防ぐために、国の規制下に置くことが目的でした。

承認した以来、日本では処方せんがあれば薬局でバイアグラを受け取ることができるようになりました。当然ながらバイアグラを処方してもらうには、病院で診察を受ける必要があり、たとえ薬局にバイアグラがあったとしても、処方せんがなければ手に入れることはできません。

バイアグラは危険だということですから、一度は医師の診断を受けておいた方がいいです。医師に処方される場合には、検査など診察に必要な費用は保険がききますが、バイアグラの支払い代金には保険は適用しません。ですから、現在でも個人輸入代行業者から購入する人は相変わらず少なくありません。


関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 ダイエット 口臭 禁煙 サプリメント
Copyright © 2014 日本医薬品情報 All Rights Reserved.