前立腺がんのPSA検査とは
ホーム > EDの診療
前立腺がんのPSA検査とは
PSA検査は前立腺癌であるかどうかを判断するために、最初の基準として多くの人に使われています。血液検査を通じて測ることができますので、前立腺癌の集団検診でも使用されています。

ちなみにPSAというのは、健常な男性の前立腺から分泌されるもので、精子の保護膜成分の蛋白質を分解して開放するという大事な役割が持っています。通常PSAは血液中に流れ出ることはありませんが、前立腺の疾病によって浸出して検査に反応するようになります。

PSA値が高ければ高いほど前立腺がんの確立も一層高くなりますの、その値について常に心掛けたほうがいいです。年齢の増加とも関連があると最近の調査からよく分かってきました。以下は判断基準となりますので、ご参考ください。

4ng/ml以下:陰性で、定期的にPSA検査を受けて、経過をしっかりとコントロールしたほうがいいと思います。

4.1ng/ml〜10ng/ml グレーゾーン:正常値より若干高いので、がんの人と前立腺肥大症など、前立腺の他の病気の人が含まれている恐れがあります。

10.1ng/ml以上: 陽性で、がんがあることが疑われます。高い場合は数百ng/mlという数値が出ることもありま。早く専門治療を受けたほうがいいと思います。
関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 ダイエット 口臭 禁煙 サプリメント
Copyright © 2017 日本医薬品情報 All Rights Reserved.