ED回復についてのお話し
ホーム > EDの診療
ED回復についてのお話し
手術と外傷は、EDを引き起こす大きな要因だと思われています。特に直腸癌で切除手術を受けたことがある人や、前立腺癌や膀胱癌によって摘出手術を受けたことがある人は、普通の人よりEDに罹りやすいそうです。

以前の癌の治療においては、再発を防ぐために殆どの手術が出来るだけ広範囲の部位を切除するようにしていました。そのやり方は、癌の治療から言うと特に間違っていないですが、どうしても勃起機能に障害を与えてしまいやすいのです。その対策として、勃起機能に気を配って、神経や血管を残すように手術が行われるようになっています。

しかし手術や外傷によるEDを予防するのが相変わらず難しい状態になっています。

このような部位の手術を行う事が決まりましたら、必ず担当医と良く話し合ってください。その上で、手術によるEDの可能性や防止策などを理解しておきましょう。

それから、骨折や交通事故などによるEDの発症も良くあります。特に事故などで骨盤が骨折になったり、脊髄に損傷ができたりした人はEDに罹りやすいと言われています。外傷によるEDの場合は、個々の神経の反射機能によって個人差がありますが、傷の回復と一緒にED回復ができるケースもあります。また、患者さんが若い場合には、EDの治療薬の効果が発揮やすく、速く治ることが期待できます。

関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 ダイエット 口臭 禁煙 サプリメント
Copyright © 2017 日本医薬品情報 All Rights Reserved.