EDの原因についての分析
ホーム > EDの診療
EDの原因についての分析
年を取るとEDになりやすいと言うことは確かなことです。しかし、近頃EDになるのは単なる年のせいではないと言うことがつくづく思ってきました。年を取るのほか、EDの原因があります。例えば、圧力がだんだん募ったり、不規則な食事を続けていたり、毎日車で通勤して運動不足になり、長い間お酒を飲みすぎ、タバコを続けて喫うなどのことがあげられます。ですから、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病になる人々は、 EDになる可能性が非常に高いのです。

性的刺激が脳から信号により、神経を通して陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈が大きく広がってきてそして血液が流れ込んでいるのは正常に勃起している状態となります。もし血管そのものに動脈硬化などの障害が起こったときには、陰茎海綿体の広がることができなくなり、多量の血液が流れてこない、そして勃起ができない、あるいは満足の行く勃起が得られない状況になることになります。ですから、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病になると、EDになる可能性が高くなるんです。

関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 ダイエット 口臭 禁煙 サプリメント
Copyright © 2017 日本医薬品情報 All Rights Reserved.