患者の羞恥心に付け込み、性病の治療費水増しする?
ホーム > EDの診療
患者の羞恥心に付け込み、性病の治療費水増しする?
最近、性感染症患者が若年層の方は年々増えている傾向が見せています。性病科は若い患者さんたちで溢れ返っています。

そんな状況の中で、都内ある総合病院の性病科の勤務医は、「治療に健康保険を使えば、性病に掛かったことは学校や会社、家族にばれる可能性がありますので、内密に済ませられるなら全額自己負担と希望する若い患者さんが多いです」という事実を打ち明けてくれました。

自由診療となれば、原則として治療方針や薬の采配は全部医者の判断に任せられます。素人の患者さんにとって、どんな治療が一番効率的なのか、どれだけの金額が妥当であるのかを判断できません。一部の悪徳医者はそんな患者の羞恥心に付け込んで、いろいろと悪さを働いています。

一回の通院で薬をわずかな量しか出さず、治療のために何度も通院させ、診察料や処方料を繰り返して取る手口を使ったり、薬の値段を自由に上乗せしたりする行為が横行しています。中では、通常健康保険が適用する「亀頭包皮炎」の治療費は4倍も水増しして平気で取ったり、検査項目を増やして高額な検査料を請求したり、効力の弱い薬でわざと治療を遅らせ、永続的に金をむしり取ったりする悪徳医者もいます。

近頃は美容クリニックなども性病治療に乗り出し、性病治療には不慣れな医者に「性病科」の肩書を付け加えて、ぼろ儲けしようとします。

性病の治療はキチンとした医療機関で受診して下さい!こんなあくどい手口に乗せられないように、充分に気を付けましょう!

関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 ダイエット 口臭 禁煙 サプリメント
Copyright © 2017 日本医薬品情報 All Rights Reserved.