EDに効果がある性生活について
ホーム > EDの診療
EDに効果がある性生活について
男性の陰茎に勃起するに必要な血流が足りなく、海綿体に流れ込む血液が不足した状態は、EDと呼ばれています。EDが発症する原因は、心因性要因と器質性要因という二つのパターンに分けられています。通常は、EDの発症原因を男性の加齢や男性の体調にされやすいですが、実際には相手の女性によって発症することもあります。つまり、EDは男性だけの問題ではなく、夫婦二人ともの問題です。

普通、30代後半から40代にかける男性にEDが発症しやすいそうです。この年頃の夫婦は、性生活を約10年間程度経ったところになるのが殆どですので、それに対する興味も弱くなってきます。

また、EDは性行為に影響を与えるのだけではなく、患者の生命維持にも大きく影響を与えると思われています。この間、イギリスで行われた調査によりまして、EDによって性生活を通常にしていなかった夫婦の死亡するリスクは、普通に性行為をしていた夫婦の死亡するリスクより2倍も高いことがはっきりと分かってきました。

また、この調査は延命効果についても調べました。それによって、性行為に対して男女がそれぞれ求めるものが違うということも分かってきました。男性が性行為の回数を求め、女性は性行為の質を求めるそうです。EDによって夫婦の間に性的な欲求不満が出やすいのです。

ですから、ED患者にとっては、速急な改善と治療が必要です。ED症状を改善する根本的な対策は、ペニスに流れる血流量を増加して、海綿体へ血液を送ることです。

関連記事

EDの診療 1 2 3 性の健康 育毛 1 2 ダイエット 口臭 禁煙 サプリメント
Copyright © 2017 日本医薬品情報 All Rights Reserved.